人気ブログランキング |

ネット将棋生活 clickshogi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ネット将棋とSOHO生活。将棋倶楽部24を再始動


by clickshogi
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

<   2018年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧



最近、ネット将棋をするときに、将棋クエストをやることが多いです。


5分切れ負け」で対局しています。

「5分切れ負け」の場合、お互い持ち時間が5分で、どれだけ優勢であろうと持ち時間が切れたら負けになります。

相手よりも持ち時間を減らさないようにスピードを重視しながら指していくことになります。

最初、切れ負けルールは邪道だと思いました。

一番面白くなった中盤から終盤で、時間切れで終了したり、お互いが持ち時間を減らさないように雑な指し方になります

これだと将棋の面白さが味わえない気がしました。

しかし、最近は印象がガラッと変わって、これはこれで面白いと思うようになりました。

通常の将棋とは違う「新しいゲーム」だと感じたからです。

通常の将棋とは異なり、勝利条件が2つあります。

  • 相手玉を詰ませば勝ち
  • 相手が先に5分使い切れば勝ち

どちらの勝利条件を追うのか、方針を柔軟に考えることになります。

「盤面の形勢」と「お互いの持ち時間」の両方をみながら、方針を瞬時に切り替えことがあります。

将棋とは違った感覚です。

私が将棋クエストをやると、局面は優勢だけど時間切れで負けることが多いです。

締切の意識が足りないのかも知れません。

  • 通常の将棋:とにかく最善手を求めて、悪手を指さないようにする。
  • 切れ負け将棋:悪手でもいいから速く指す。

ビジネスに近いスピード感だと思います。

正解なんて求めなくていい。失敗でもいい。とにかく、早く・速く行動すること。

ビジネス感覚を磨きたいなら、切れ負け将棋が役立ちます。

by clickshogi | 2018-11-26 13:18 | ネット将棋日記