ネット将棋生活 clickshogi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ネット将棋とSOHO生活。将棋倶楽部24を再始動


by clickshogi
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

新竜王誕生で新時代


竜王戦の第7局で広瀬九段が勝利。

羽生さんはタイトル通算100期を逃し、しかも27年ぶりに無冠となってしまいました。

対局後の羽生さんのコメントは、実に淡々としていました。

結果を出せなかったのは、自分の実力が足りなかったことだと思うので、また力をつけて次のチャンスを掴めたらいいなと思っています。
こういう自然体のコメントが羽生さんらしくて、とても良い感じです。

羽生さんは軒並み記録を打ち立ててきた人ですから、「100期」「タイトル所持」といった記録にすでに執着はないのかも知れません。

羽生さんは調子悪かった?

AbemaTVの第7局の解説で、谷川九段が登場しました。久しぶりに解説を拝見できてうれしかったです。

羽生さんが負けたときに谷川さんが言っていたのは、「技術やメンタルで今回広瀬さんが上回った」という発言。

どうやら谷川さんは、羽生さんの指し筋にいまひとつ納得がいっていなかったようです。

たしかに、「あれっ?」という指し手がいつくかありました。中盤のねじり合いで、控室での検討で「これはダメ」と結論が出たような手を羽生さんは指したりしていました。

羽生さんは今、調子が悪い時期なのかも知れません。それでも第7局まで持ち込むのがすごいことですが。

広瀬竜王誕生で新時代

竜王位についた広瀬竜王は、レーティングでも全棋士のトップでした。竜王を獲得したことで文字通り「最強の棋士」です。

広瀬さんの書いた棋書を何冊か読んだことがありますが、文章に切れ味があります。文才もある方です。

それにしても、将棋のタイトルから羽生さんがいなくなって、若手が軒並み台頭。

今、まさに将棋の新時代が到来したことになりますね。

私自身が中年なので、古株の棋士にがんばってほしい気持ちがあります。しかし、若手が台頭して新陳代謝があるのは、将棋界にとって望ましいことなのだと思います。

by clickshogi | 2018-12-23 20:27 | プロ将棋観戦 | Comments(0)