ネット将棋生活 clickshogi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ネット将棋とSOHO生活。将棋倶楽部24を再始動


by clickshogi
プロフィールを見る

まさに雲の上の世界


昨日の王将戦の第一局。

中継ブログにすごい感想戦が掲載されていました。
必見です。

感想戦での妙手順

<93手目 参考図>



93手目に▲3四桂打ちで、先手勝ちの順があったことが判明しました。
ほんまかいな。

先手は飛車を渡すことになり、後手は飛車2枚持ちになるという気づき難い手順。

実践譜では▲4五桂打ち。これが敗着だったという結論に。

後手は大ゴマしか持ち駒がなく、先手玉は4筋から自陣に戻る筋と、入玉の筋があって意外につかまらない。先手玉を逃がさないように迫ると以下。



先手は2二角打ちという攻防手。
後手は4四銀打ちから万全に角をはらっても、持ち駒豊富な先手は▲4二金打ちから長手数で後手玉を詰ませられるという。

そして、極めつけ。
打ち歩詰めの局面をつくることで、先手の一手勝ちを誘う超絶手順が解説されています。


昨日の記事で、「62手目の段階で、素人目には先手に勝ちがないように見える」ということを書きました。
実際、大差がついていたようにしか見えません。
92手目の段階でもそうです。

それでも、先手に勝ちの筋があったという。
将棋の深遠というか、想像を絶する世界です。
[PR]
by clickshogi | 2013-01-15 18:28 | プロ将棋観戦 | Comments(0)