ネット将棋生活 clickshogi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ネット将棋とSOHO生活。将棋倶楽部24を再始動


by clickshogi
プロフィールを見る

新年に楽しみが増える。棋王戦の挑決第一局は羽生三冠が勝利


第38期棋王戦の挑戦者決定戦の第一局が先ほど終わりました。
羽生三冠が快勝。

これによって、1月7日の第2局が行われることになり、この対局の勝者が棋王戦の挑戦者となります。

「羽生VS渡辺」という黄金カードを新年早々に楽しめることになりました。

先ほど終わった第一局は、先手の羽生三冠が終始リードしていました。
渡辺竜王には珍しく、一方的な敗局となってしまいました。



84手目の局面。
▲6三飛車成が見えているけど、後手の渡辺竜王は守らずに△4五角成。



これが話題の一手。
86手目に6九銀のただ捨て。
先手が放置して、7ニの飛車をとってしまうと途端に詰むという。

もちろん羽生三冠が見逃すはずもなく、同竜。
後手は馬筋の歩を張ることで、竜の進入はいったん防げましたが、、、、
先手の金が競りあがって攻めに参加。
先手の守りは竜がいて鉄壁。
先手の持ち駒豊富なうえに、2五歩が後手の銀にあたっていて、手を渡すことになる。

6九銀のただ捨てという構想は成立しなかったようです。
その後は一方的な展開で、渡辺竜王らしくない一局だったように思います。
84手目の段階で、この局は勝てない将棋だと判断して、紛れを取りに出たのかも知れません。
[PR]
by clickshogi | 2012-12-26 20:21 | プロ将棋観戦 | Comments(0)