ネット将棋生活 clickshogi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ネット将棋とSOHO生活。将棋倶楽部24を再始動


by clickshogi
プロフィールを見る

局面図の作成クラウド!まとめ


ブラウザで局面図を作成するサービスについて調べてみました。
自分が思っていたよりも、多くのWEBサービスがありました。

備忘録もかねて、主要な「局面図作成クラウド」についてまとめておきます。


<2大サービス : ブラウザで作成してリンクするだけ>

shogipic.jp
これが先日の記事で紹介したサービス。作成するときのインターフェースが素晴らしい。今後の進化にも期待大。

↓こんな感じ





クラウド将棋局面図ジェネレーター
このページで作成可能。対局者の名前やタイトルを記入できたり、最終手の強調が黄色で目立つ、駒の書体が明朝で美しいなど、局面図の完成度が高い

↓こんな感じ



ちなみに、対局者の名前やタイトルは省略できるので、読みにくい太字が鬱陶しく感じたら省けます。


上記2つのサービスが他の追随を許さない2大サービスと言えそうです。
リンクを張るだけなので、ダウンロード・アップロードの手間がないのが大きい。

「クラウド」の定義にあてはまるのは、上記2つのサービスだけになります。
(最初から最後までサーバー側で処理が完結)

以下で紹介するのは、画像を自分のPCにいったん保存する方式のサービスなので、クラウドとは言えません。ただし、「局面図を作ってブログに張る」という目的は同じなので、このページで紹介します。


<ブラウザで作成して、画像をPCに保存する方式>

クラウドサービスの場合、万が一、サービスが終了してしまうと画像がリンク切れになってしまいます。

自分のPCに画像を保存してから、ブログサーバーにアップロードする方式なら、リンク切れを避けることができます。

楽チンのクラウドを選ぶか、手間はかかるけどリスクの少ない画像保存を選ぶか、難しいところですね。

画像保存形式のお勧めは以下のサービス。

あじゃ盤
進化系の将棋盤画像ジェネレーター for mixiが使いやすいです。for mixi となっているのは出力がjpegだからということで、ブログの使用にも問題ありません。

↓こんな感じ
d0178590_1735599.jpg


シンプルな局面図で美しく、タイトルが表示できるのもメリットです。
駒の強調ができないのが残念です。


局面図メーカー(ノーマーク茶柱党)
升目ごとにクリックして駒を配置します。最初は戸惑いましたが、慣れると作成が一番早いようです。局面図はシンプルでOK。このサービスも最終手の駒の強調ができないのが残念。

↓こんな感じ
d0178590_13495029.gif



その他、以下のようなサービスもありました。

局面図作成ツール
画像保存形式:マウスで移動するのではなくて記号を選ぶ方式。ちょっと不便かも。


<画像保存するなら、最初からKifu for winで作ればいい件>

自分のPCに局面画像を保存して、それをブログにアップロードする方式なら、ブラウザで局面図を作る必要があるのか?という疑問もあります。

最初から、Kifu for win および 局面図作成 の2つのソフトをPCに入れておけばいいわけで。

むしろ、Kifu for win経由で作ったほうが細かい設定が自由自在です。

参考までに作って、アップロードしてみました。
↓こんな感じ

d0178590_2017147.jpg


最終手の色分けあり。
各種フォントやサイズなど自由自在です。

難点をあげるなら、局面図を作成するまでのステップ数が多いということ。
Kifu for winで作って、それをコピーして、次に局面図作成ソフトを起動して、張り付けて・・など。

ブラウザで局面図を作るサービスは、作成までのステップが少ないので、局面図を大量に作るのに向いているかも知れません。


ということで、まとめ。

1・最初に紹介したクラウド2大サービス : 簡単で一番おすすめだけど、サービス終了のリスクあり。アップロードの手間なし。

2.ブラウザで作成してPC保存 : 細かい設定はできませんが、手軽に作れます。アップロードの手間あり。

3.Kifu for win+局面図作成 : 面倒ですが、細かい設定ができて局面図は一番綺麗。アップロードの手間あり。



これから優れものの局面図作成サービスが出てくるかも知れません。

新しいサービスを発見したらこのページに追加していきます。
良いサービスをご存知の方は、このページのコメント欄で教えていただけると有難いです。
[PR]
by clickshogi | 2012-08-12 00:47 | 将棋お役立ち情報 | Comments(0)