ブログトップ
ネット将棋生活
ネット将棋とSOHO生活。将棋倶楽部24は卒業
<   2014年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ひと目の必死
久しぶりの将棋本レビュー。

マイコミ将棋文庫SP 将棋・ひと目の必死

この本は、「寄せの手筋200」の金子タカシさんによる必死問題集です。

必死の大家だけあって、傑作問題ばかり。180の良問がそろっています。

「寄せの手筋200」の方は、「腹銀」「両王手」など寄せのパターン別に部類してありました。手筋を習得する「教科書」として最適。

そこで、「寄せての手筋200」で一通りパターンを学んだら、「ひと目の必死」で力試し、という流れがベストではないでしょうか。

「ひと目の必死」から何問かご紹介します。



1手必死。

たった1手で必死がかかります。
実戦でありそうな局面ですが、まず浮かばない手。

こんな手を実戦で打てたら気持ちいいでしょうね。

私はこの1手が見えませんでしたが、解けてみると「なんで見えなかったんだろう?」という手。


正解は・・・・


1二角打ち。

もう一問紹介します。



こちらも、良問。
実はわりと有名な手筋なので、必死問題に慣れている人はすぐに解けるかも知れません。

正解は本書の60問目でどうぞ。

「有名な手筋」というのは、玉の斜めに打つ一段金です。

一段に金があるのは、いかにも働かない感じがしますが、必死問題で頻出するパターンの1つです。


上記で紹介したのは、「1手・3手」の問題。
必死問題の中では簡単な部類に入ります。

本書には「5手・7手」「9手以上」の問題もあって、かなり手ごわい。私の棋力ではどれだけ考えても解けないような問題ばかりで、解答はすぐに見るようにしています。
[PR]
by clickshogi | 2014-01-26 21:53 | 将棋本レビュー | Comments(2)
王将戦の棋譜を登録せずに見る方法
今年から王将戦の棋譜を見るために登録が必要になりました。

※追記
「会員登録」とあったので有料だと思いましたが、無料の「ウェブ会員」で棋譜を見ることができました。コメントで教えてくださった方々、ありがとうございます。記事の内容を修正しました。

まず、王将戦の公式ページは以下です。

→ 王将戦(毎日新聞)

昨年までは棋譜中継がすぐに見れたのに、今年から無料ですが「会員登録」が必要になりました。
(ちなみに、携帯・スマホアプリの棋譜中継は日本将棋連盟モバイルで有料です。)

以下、会員登録が面倒なのでしたくない人が、それでも棋譜を見る方法です。


1.対局後に中継ブログで棋譜用紙が公開される

王将戦の中継ブログは無料です。
対局後、最後の更新記事はいつも棋譜の記録用紙がアップロードされます。手書きなので少し見難いですが、写真をクリックして拡大すると十分読み取れます。それを元に再現されてはいかがでしょうか。

将棋ソフトを持っていない人は、無料のKif for win/macで棋譜再現してください。


2.対局後でいいなら棋譜でーたべーす

以前からご紹介している無料の棋譜公開サイト「棋譜でーたべーす」。

すでに昨日の対局の棋譜もアップされています。もしかしたら、探し方がわからない人がいるかもしれません。まっさきに「新着棋譜」のページを見てください。一番簡単に棋譜を見ることができる方法です。

ただし、対局後(たぶん翌朝)になります。ボランティアで運営されているようなので感謝です。


3.対局中ならニコニコ動画

タイトル戦の完全生中継。ほとんどの時間帯は、現局面が大盤で表示されて、解説とかトークが展開されます。運がよければ、初手から解説する時間帯に視聴できるかも。
ニコニコチャンネル 公式生放送 将棋特集

将棋の完全生中継はタイムシフトに対応していないことが多いようです。(第一局も対応していません)


4.2chの将棋板

あとは2chの将棋板で、王将戦のスレッドを見つけて、有志が棋譜を貼り付けるのを待つくらいです。

対局中に無料で棋譜をリアルタイムで手に入れるには、これしかないかも。この場合も無料のKif for win/macで棋譜再現してください。


----

上記の方法は、王将戦の棋譜中継が有料化したときにも有効です。

毎日新聞の会員登録のご案内ページには「ウェブ会員の方は一部閲覧出来ないページがあります。」とあります。

万が一、棋譜中継が「一部閲覧出来ないページ」に入ったときには、上記の方法を試してみてください。




漫画の売れ筋ランキング!(最新版)

将棋本の売れ筋ランキング!(最新版)


[PR]
by clickshogi | 2014-01-14 11:32 | 将棋お役立ち情報 | Comments(7)
24名人戦に初参加
明日1月3日から始まる将棋倶楽部24の「24名人戦」に参加します。

24名人戦

将棋倶楽部24で恒例の行事ですが、参加するのは初めてです。
今年はなんとなく参加する気になったのですが、むしろ、今まで参加しなかったのが不思議な気分です。

参加するメリットは、15分将棋を思う存分指せることでしょう。通常のレーティング戦は、ほとんどの人が早指を望むので、15分で指したくても対局が成立し難いです。

その点、24名人選なら対局は15分固定。そこが魅力です。
早指しは虚しい」という記事を1年前に書きましたが、とにかく早指しは雑な将棋ばかりになって、時間がもったいないです。

15分将棋をたくさん指して充実感をもってしまったら、今後は早指しを敬遠しそうです。
[PR]
by clickshogi | 2014-01-02 18:44 | ネット将棋日記 | Comments(0)