ブログトップ
ネット将棋生活
ネット将棋とSOHO生活。将棋倶楽部24は卒業
<   2011年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
羽生名人はもがいている?
名人戦の第二局は森内九段の快勝でした。
後手の森内九段は自然に受けていたら自然に勝てたという印象があります。

テレビの解説でもありましたが、羽生名人の方から誘導した局面のはずなのに最初から先手に良い局面がなかったように思えます。

昨年の竜王戦でも、羽生名人が序盤から積極的に動いて、ちょっと無理だったかな、という印象のまま終局することがありました。

ふと思い出したのは、羽生名人の著書で、「歳をとって経験がついたぶんだけ踏み込みが甘くなった」というような内容がありました。そういう認識があるために、40歳を迎えて意識的に踏み込みを強くしているのかも知れません。

羽生名人という類まれな棋士がそういった問題意識をもち、それと向き合っているとしたら、あっけなく終わってしまった今回の対局も尊いものに思えてきます。
[PR]
by clickshogi | 2011-04-24 05:55 | プロ将棋観戦 | Comments(0)
名人戦第二局はすでに激戦
名人戦第二局の1日目が終わりました。
急戦になっていて見ごたえ充分ですね。

1日目の指了図は朝日・毎日のサイトで見ることができますが、棋譜速報twitterのこちらでもあります。

封じ手は△7二飛か、それとも△3六角成か。
どうなるか楽しみです。


自分が将棋倶楽部24で指していて、この局面の後手だったら直感的に△3六角成ですね。
歩を補充して、馬を守りに使う。
素人目には後手がかなりいいように見えるのですが、どうでしょうか。

ここから羽生名人の指し回しが本当に楽しみです。
すごい将棋になりそうな気がします。
[PR]
by clickshogi | 2011-04-20 22:47 | プロ将棋観戦 | Comments(0)
詰将棋はすぐに解答を見る
詰将棋をやるときに制限時間を決める人とそうでない人がいるようです。

私の場合は、自分で解けるまで考え続けます。
玉を詰ます手筋を見つけたときの喜びを味わいたいからです。
見方によっては効率の悪いやり方だと思います。

以前に書きましたが、ネット将棋に強くなるためには詰みのパターンを数多く知ることが有効です。
ネット将棋はほとんどが早指しの30秒将棋ですから、高段者であっても5手詰めの筋を見落とすことがあるくらいで、詰みパターンを知っているかどうかが重要になります。

ということは、詰将棋を解けるまで考えるのではなく、20秒くらい考えてわからなければ解答を見て、たくさんの問題に触れておいた方が強くなると思います。

これを書いていて学生時代の数学を思い出しました。
よく言われることですが、「数学は暗記科目」だということです。
自分で考えて時間を浪費するよりも、すぐに解答を見る。そして数多くの解法パターンを覚えてしまった方が偏差値が上がるという話です。

やはり私は解けるまでえんえんと考えてしまうタイプで、数学は苦手でした。

要するに、詰将棋であれ数学であれ、答えが存在する問題については、答えを先に見てパターンを覚えてしまうこと。その方が、早く結果に結びつくものです。
ページをめくれば答えが書いてあるのにウンウン考えるというのは非効率極まりないことなので、出来るタイプの人がその光景を見たら、「何やってんの?」と言うことでしょう。

では、暗記するばかりで考えることをしないのか?と言えば、さにあらず。
答えのない問題については、時間を惜しまず取り組むということではないでしょうか。

将棋で言うなら、感想戦になると思います。
感想戦においては1手違えば無数に変化が枝分かれしますので、答えのない問題といえるでしょう。こういったことに時間をふんだんに使って、考えに考えて、自分の将棋観を深めていく。

つまり、いわゆる出来るタイプの人たちの基本スタンスというのは、以下のようなものかも知れません。
・すでに答えのある問題は丸暗記。
・まだ答えのない問題には全力で取り組む。

将棋でいうなら、詰将棋と定跡は丸暗記。感想戦と次の一手は真剣に取り組む。
たしかに上達しそうな気がします。
[PR]
by clickshogi | 2011-04-13 16:14 | ネット将棋に強くなるには | Comments(4)
棋譜と著作権
将棋のブログをやっていると棋譜の局面図を張りたくなります。
棋譜の著作権はどうなっているのかいつも気になるので調べてみました。

wikipediaの「棋譜」ページを読む限りでは、どうやら棋譜に著作権はないようです。


棋譜に著作権があるのか否かについては、過去さまざまな議論が行われており、法律の専門家の中にも著作権ありとする見解があったが、2007年に渋谷達紀による著作権を否定する見解が出されて以来、知財法の専門家の間では棋譜に著作権無しとみなされている。


裁判になったことがないので判例はなく、日本の法学者たちの見解が変わってきたということです。

要するに、昔は棋譜に著作権が認められるという空気だったけど、今は認められないという空気ということでしょうか。

ちなみに、欧米のチェスでは、もともと著作権はないようです。「棋譜は著作物ではなく事実の記述」ということで、誰でも自由に転載できるとのこと。「棋譜に著作権はない」ということについて議論の余地さえないようです。

日本だけ棋譜に著作権を求めるというのは無理筋のような気がしてきます。世界の著作権法の慣例を覆して、「棋譜に著作権がある」というロジックを組み立てることが本当にできるでしょうか。

当たり前ですが、棋譜に解説が付いていた場合は、その「解説」には著作権が発生しますけど。


ちなみに、日本将棋連盟としては、頒布は控えて欲しいということのようですね。
棋譜が極端に流通してしまったら、将棋の戦法書が売れなくなるとか、プロ将棋の有難味がなくなるとか、そういう大人の事情がありそうです。


ということで、結論。
・現代の潮流として棋譜に著作権はないので、本来はブログに局面図を載せるくらいで問題は発生しえない。
・ただし念のため、メールアドレスやコメント欄のようなコンタクト手段を明示しておいて、連絡がきたら誠実に対応する。

結論というより、「落とし所」といったところでしょうか。
[PR]
by clickshogi | 2011-04-10 15:36 | 将棋お役立ち情報 | Comments(0)
渡辺竜王の形勢判断に思う
名人戦の第一局が終わりました。
森内九段が攻めをつなげて見事な勝利です。

名人戦の棋譜を観たい方→こちらでどうぞ

2日目午後4時からのテレビ解説を観たのですが、渡辺竜王が的確な解説をしていました。

7四の桂馬はとらない方がいいという話。
その桂馬をとってしまうと効果がない上に相手に手番がわたってしまう。
その後の変化では後手が無理そうだということでした。

しかし、74手目、羽生名人は銀で桂馬をとってしまった。
実際、この後は一直線に森内九段の勝ちが決まってしまったように思えます。


テレビ解説で興味深かったのは、午後4時~6時の段階で、渡辺竜王だけが先手(森内九段)もちだったということです。
他の棋士たち、谷川九段、鈴木八段、木村八段、広瀬王位というそうそうたるメンバーはみな後手(羽生名人)持ちでした。

結果的に当たったかどうかという問題ではなく、感覚の問題として、やはり渡辺竜王には非凡な感性があるのかも知れません。

通常だったら、羽生名人は実績があまりに桁外れなので、後光がさしていて良く見えるということはありえると思います。ですから、「どちらの形勢が良いか」と聞かれるとつい羽生名人の方を持ちたくなってしまう。無意識的に引き寄せられてしまう磁場のようなものでしょうか。

しかし、渡辺竜王にたいしてだけは、羽生名人のまとっているオーラが通用しない。どこまでも冷静に判断できてしまうのではないか。

そんなことをふと思ったりした名人戦第一局でした。
[PR]
by clickshogi | 2011-04-09 14:20 | プロ将棋観戦 | Comments(2)
名人戦の棋譜をリアルタイムで見るには
「名人戦 棋譜」というキーワードでこのブログにアクセスしてくれている人が急増しています。

局面が白熱してくると将棋ファンはリアルタイムの棋譜を知りたくなるものです。


<名人戦の棋譜を観るにはどうすればいいか>

ご存知かも知れませんが、基本的には、名人戦のリアルタイム棋譜は有料です。
名人戦棋譜速報(有料。1カ月500円/1日200円)

他のタイトル戦は無料公開しているのに名人戦だけ有料です。
とても残念なことです。

では、どうやって無料で棋譜をみるか。

<方法1>
嬉しいことに2012年からニコニコ動画で完全生中継しています。

ニコニコ公式生放送の将棋特設サイト

ただし、解説者のトークなどの時間も多いので、視聴したときに最新の棋譜が見れるとは限りません。また、現在の局面は見れても、棋譜自体はわからないですね。(初手から解説している時間帯もありますが)。
さらに、視聴者が増えると有料会員が優先となり、無料の人は入れなくなります。

そういったデメリットはありますが、ニコニコ動画は名人戦の貴重な情報源となっています。


<方法2>
その他、名人戦の棋譜を無料でみるにはどうするか。
リアルタイムでなくてもいいなら、こういうサイトもあります。

→ 将棋名人戦

このサイトは、歴代の名人戦の棋譜を公開しているサイト。
対局終了後でもいいから無料で棋譜を見たいというなら、この一手ですね。


<方法3>
リアルタイムでかつ無料となると、難しくなります。
奥の手というほどではないですが、2chの将棋チェス板の中にある「名人戦」のスレでは、有志?が棋譜を張り付けることがよくあります。
2ch将棋チェス

佳境に入ってくるとわりと頻繁に一手ごとに投稿されているようです。

棋譜だけだとイメージがわかりませんので、お持ちのソフトを使って棋譜を再現してはいかがでしょうか。将棋ソフトをもっていない方は無料ソフトのKifu for Winあたりを使ってみてください。
Kifu for Win(無料)


ということで、名人戦の棋譜を観るのは、以下の3つ。

(基本) : 棋譜速報の有料会員になる。
(方法1) : ニコニコ動画の生中継で見る。現局面を知りたいなら、これがベスト。
(方法2) : リアルタイムではないが、無料で棋譜を表示しているサイト将棋名人戦で見る。
(方法3) : 2chの将棋板で2チャネラーが迅速に投稿してくるのを期待する。(実はこれが確実だったりする)

このあたりです。

ちなみに、将棋ファンでしたら、「名人戦棋譜速報」に入会しても元が取れると思います。
過去の順位戦の棋譜が集積されていますので、本当に勉強になります。
自分の棋風に近い棋士を探して研究できるなど、お金を払う価値のあるサービスとなっています。
(このサービスの回し者ではないですが)

もちろん、名人戦は伝統と知名度のあるタイトルなので、将棋ファンを広げるためにもライブで無料公開すべきだと私は思っています。

------

※更新履歴
2013.4.10
名人戦棋譜速報のtwitterで棋譜画像の配信がなくなっていたので、方法から削除しました。
[PR]
by clickshogi | 2011-04-08 14:18 | 将棋お役立ち情報 | Comments(0)
名人戦は今週から 羽生名人VS森内九段
羽生名人と森内九段の対局となりますね。

前にも書きましたが、NHKの「プロフェッショナル」で羽生名人と森内九段のライバル特集が2年ちょっと前にありました。

小学生のころからライバルと目されていた2人ですが、やがて羽生さんはタイトルを総なめする華々しい活躍をしていた一方、森内さんは長く低迷期が続きました。

森内九段がそのときの苦悩を率直に語っていたのが印象深かったです。
それから森内九段に親近感をもって応援しています。

今まで何度も名人戦の舞台で対局してきた二人です。
ハイレベルな戦いが繰り広げられることは間違いないですね。
楽しみです。
[PR]
by clickshogi | 2011-04-05 08:16 | プロ将棋観戦 | Comments(0)
心の健康を保つことに心を砕いています
最後の更新から半年たっていました。

3月には大震災と原発事故がありました。
大変な時代が来ていると思います。
まだ先が見えない状態ですが、なんとか良い方向に進むように願っています。

私事ですが、SOHOの仕事が不景気になってきています。
もっと大変な思いをしている人がたくさんいるので、この程度で弱音を吐くわけにはいきませんが、やはり不安だというのが正直なところです。

一度、不安感をもってしまうと心に余裕がなくなりますので、ビジネスの方も悪循環に陥っています。
こういうときは身の回りのことを真剣にやることにしています。
たとえば部屋の掃除にしても、心をこめてやるようにしています。
ビジネスは思い通りにいきませんが、部屋の掃除ならやればやっただけ綺麗になりますので、ちょっとした成功体験を得られるといえます。
些細なことですが、自分の心の平静を保つのに効果的ではないでしょうか。
悪循環に陥ったときには、私はこういう小さな達成感を大切にしています。

ところで、このブログのテーマでもある「ネット将棋」ですが、週3日・1回3局くらいのペースでやっています。
生活が充実していないとやっぱり将棋をやっていても面白くないですね。
レーティングの方も、いい加減に指し続けて一時は2段まで落ちていました。
本当に将棋は心の状態が反映されると思います。
[PR]
by clickshogi | 2011-04-04 19:44 | SOHO日記/運営日記 | Comments(0)