ブログトップ
ネット将棋生活
ネット将棋とSOHO生活。将棋倶楽部24は卒業
<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
プロフェッショナル ライバル特集
先ほどNHKの番組「プロフェッショナル」で、羽生・森内ライバル特集がありました。

この前の名人戦を題材にして、両者のインタビューを重ねたものです。

それほど新しい情報はなかったのですが、テレビ番組特有のドラマちっくなつくりになっていて、非常に興味深かったですね。

なかでも、森内九段の人間的な面を見れたのはよかったです。七冠に駆け上がった羽生にたいして抱いた劣等感の話。将棋から心が離れた話。名人戦第3局の逆転負けのショックの話。

個人的に棋風が似ていることもあって、森内さんには親近感をもっていましたが、今日の放送を見てますます森内九段を応援したくなりました。

ぜひ今年の順位戦を勝ち抜いて、羽生名人に挑戦してもらいたいです。
[PR]
by clickshogi | 2008-07-16 00:11 | 将棋コラム | Comments(0)
3段復帰
どうにか3段に復帰できました。

このまま3段に踏みとどまって、常に3段にいられるようにしたいところです。

秋には常に3段の上位(レーティング2000台)にいられるようにして、今年中に4段(レーティング2100以上)にタッチする。

これが現在描いている4段までのロードマップです。
[PR]
by clickshogi | 2008-07-11 02:02 | ネット将棋日記 | Comments(0)
将棋倶楽部24の運営費は?
昔から疑問だったことがあります。将棋倶楽部24は運営費をどうやって稼いでいるのでしょうか。

広告にしても、ほとんどがアマゾンアフィリエイトですし、とてもサーバー代や人件費を出せるほど儲かっているとは思えません。

今現在は日本将棋連盟に吸収されているので、運営費の心配はないのかも知れません。しかし、それまではどうやって運営費を出したのでしょうか。

席主である久米さんの熱意だけで続けてこられたのだとしたら、本当にすごいことですね。

影響力のある事業を小資本で立ち上げることができるのは、ネットの特性かも知れません。今後のネット起業家のためにも、将棋倶楽部24のビジネス面の情報を公開してもらいたいところです。
[PR]
by clickshogi | 2008-07-07 15:41 | ネット将棋日記 | Comments(0)
向かい飛車対策
最近向かい飛車を指す人が多くなってきたように思います。

自分は居飛車で指すことが多いのですが、相手が向かい飛車でくると負けることが多いです。苦手意識をもってしまったために、なおさら負けるのかも知れません。

これはどうにかしなければと思って、ネットで検索してみたら、いいサイトがありました。

向かい飛車のすすめ (リンク切れです。良いサイトだったのに閉鎖したみたいです・・・)

この中で、プロの実践棋譜を載せたページが秀逸でした。向かい飛車が勝ったケースと負けたケースで勉強してみました。

振り返ってみると、自分は飛車下の桂馬(右桂)の活用が遅かったようです。

ネット将棋の早指しだけやって、しかも感想戦をやっていないと、ほんとに簡単なことにも気づかずに負け続けてしまいますね。大反省です。

小1時間ほどの勉強で、向かい飛車に対する苦手意識は吹き飛びました。実践が楽しみです。

最近多いのは「角交換向かい飛車」だと思いますが、対策ポイントは2筋を破らせないことに尽きるでしょうね。さばかれちゃったら振り飛車の思うつぼなので。

銀の使い方を細かく押さえておく必要がありそうです。

以下、参考棋譜ですが、第15期銀河戦の渡辺竜王VS丸山九段の対局。



先手は守りで得をしているので、飛車角交換に応じて、後手を攻め潰しています。

向かい飛車対策の棋書としては以下がベスト。

渡辺明の居飛車対振り飛車〈1〉中飛車・三間飛車・向かい飛車編 (NHK将棋シリーズ)

著者は、居飛車党の筆頭といえる渡辺竜王。
中飛車・三間飛車・向かい飛車の対策方法がわかります。

アマチュアは振り飛車党が非常に多いので、居飛車で指すなら必読です。


漫画の売れ筋ランキング!(最新版)

将棋本の売れ筋ランキング!(最新版)


[PR]
by clickshogi | 2008-07-06 18:14 | ネット将棋日記 | Comments(0)
勝てない・・・
ネット将棋でほんとに勝てない状態です。

勝てなくなると将棋そのものが虚しく感じられます。
将棋をやる気力がわきません。
しばらく対局はやめにしておこうと思います。

趣味でやっている自分ですらこうなので、プロ棋士がスランプに陥ったらかなり辛いだろうなと思います。

普通の仕事は積み重なる部分があります。しかし「勝負」が仕事になっている場合は、負けるとすべてが否定されるような感覚に陥るのではないでしょうか。

このあたりは、プロ棋士だけでなく、プロ野球選手なども同じかも知れません。

しかし、そういう厳しい世界だからこそ、「魅せる」ことが可能となり、それ相応のお金を稼ぐことができるのでしょう。
[PR]
by clickshogi | 2008-07-03 11:32 | ネット将棋日記 | Comments(0)
将棋偏差値
以下のサイトを偶然見つけました。

将棋倶楽部24 Ranking Checker ver1.5

レーティングを入力すると将棋倶楽部24での順位がわかるというものです。

自分は現在2段ですが、レーティングを入力すると上位16%と出ました。

また、順位だけでなく偏差値でも表示できて、自分の将棋偏差値は62程度でした。

将棋倶楽部24は日本最大級のネット将棋サイトなので、このランキングは棋力の把握に役立つと思います。日本全体の中で自分の棋力が示されていると言えるでしょう。

正直言うと、上位16%という結果は、自分で思っていたほど高くありませんでした。

将棋というのはすそ野の広い趣味ですから、素人さんとか一見さんのような方が多いと思います。将棋はほとんど知らないけどネット将棋でたまに遊ぶ、という方が結構多いような気がします。

そう考えると、上位16%という結果は、それほど満足できません。将棋にかなりの時間を使って、将棋について語るのが好きな自分としては、もう少し上を目指したいです。

ちなみに、レーティング2100(四段)で入力したら、上位8%と出ました。トップ10%以内の四段を目指す気持ちが新たになりました。
[PR]
by clickshogi | 2008-07-02 07:59 | 将棋お役立ち情報 | Comments(0)