「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
ネット将棋生活
ネット将棋とSOHO生活。将棋倶楽部24は卒業
カテゴリ:ネット将棋日記( 21 )
将棋倶楽部24をやめた些細な理由
将棋倶楽部24を卒業してから、1年半ほどたちます。

なぜ、ネット将棋をやらなくなったのか?

もともとネット将棋依存の問題があって、一度対局をはじめると何局もやらずにいられない傾向があったわけです。

しかし、アラフォー世代になると執着心が消えていくのか、あまりゲームの勝ち負けにこだわらなくなってきた。

すると、勝ちたい気持ちもなくなって、将棋の対局熱がかなり減ってきた感があります。

そういった状況の中で、やめる決断に至る「些細なきっかけ」がありました。

将棋倶楽部24をやろうとしても、普段使っているクロームブラウザが対応しなくなったことです。

普段つかっていないIEを起動するのも面倒。

アプリを入れようか迷いましたが、アプリを入れてもJAVAが必要だという・・・。

今までもJAVAの更新がうざったかったので、「やめ時かな」と感じたのです。

「消費者ってのは、些細なことでサービスをやめる決断をするんだなあ」と実感しました。

ちなみに、やめたのはネット対局であって、プロ将棋観戦は趣味として続いています。

[PR]
by clickshogi | 2016-10-25 08:27 | ネット将棋日記 | Comments(0)
24名人戦に初参加
明日1月3日から始まる将棋倶楽部24の「24名人戦」に参加します。

24名人戦

将棋倶楽部24で恒例の行事ですが、参加するのは初めてです。
今年はなんとなく参加する気になったのですが、むしろ、今まで参加しなかったのが不思議な気分です。

参加するメリットは、15分将棋を思う存分指せることでしょう。通常のレーティング戦は、ほとんどの人が早指を望むので、15分で指したくても対局が成立し難いです。

その点、24名人選なら対局は15分固定。そこが魅力です。
早指しは虚しい」という記事を1年前に書きましたが、とにかく早指しは雑な将棋ばかりになって、時間がもったいないです。

15分将棋をたくさん指して充実感をもってしまったら、今後は早指しを敬遠しそうです。
[PR]
by clickshogi | 2014-01-02 18:44 | ネット将棋日記 | Comments(0)
早指しは虚しい
日曜ということで、週1度のネット対局。

6戦して1勝5敗。
勝った負けたよりも、内容が悪すぎてショックでした。

早指しではよくあることですが、時間に追われて苦し紛れに指した悪手だらけの対局。
相手も一目でわかる悪手だらけで、それを上回る悪手を出しまくった自分が負けました(笑。

この虚しい気持ちはなんでしょうか。
まったく感想戦をやる気になれないですね。

今年は、できるだけ15分で対局しようと思います。
早指しを10局やるより、15分将棋を1局やった方がマシだと気づきました。

将棋に強くなるためというより、有意義な時間を過ごすために、早指しは控えようと思います。
[PR]
by clickshogi | 2013-01-13 17:59 | ネット将棋日記 | Comments(0)
半年ぶりの対局は悪手連発
将棋倶楽部24で半年ぶりに対局しました。

対局の局面図。

d0178590_20442449.jpg


先手の私は駒損しているものの、後手は飛銀金が団子になって働いていないので、形勢は互角か、むしろ先手が指せそうな局面。

5五の角がずれた途端に一方的に攻め潰せそうな形です。

しかし、上記の局面で、玉で歩を取るという大チョンボをやらかしてしまいました。
後手は次に5四角打ち。この両取りが痛い。

次に、▲4六歩打ちで、△6三角に▲7五桂打ちでもよかったのですが、何を思ったのか、自分は5四角打ちに7三成銀という大悪手。あっという間に寄り筋に。

ニ連続チョンボで終了。
残念な将棋でした。

将棋の内容はともかく、身に染みて感じたのは、「将棋は面白い」ということ。
勝負の緊張感が、ほんとに、たまりません。
[PR]
by clickshogi | 2013-01-06 21:15 | ネット将棋日記 | Comments(0)
指さなくても棋力は落ちない
ネット将棋を休止して4ヵ月ちょっと立ちました。

ネットで対局をしていないだけなので、将棋自体には触れていました。このブログに書いてきたようにプロ将棋の観戦は行っています。

自己流を捨てる」の記事で書いたことですが、やみくもに対局するよりもプロ将棋を観戦していた方が勉強になります。

棋力はまったく落ちていないどころか、もしかしたら上がっているかも、なんて考えています。

実践抜きでも上達するというのは、もちろん、私自身のレベルの話です。
プロ棋士とか上位アマチュアについては、わかりません。

ということで、お正月になったらネット将棋を解禁するので、そのときが楽しみです。
三が日で30局くらいまとめて指してみたいと思っています。
[PR]
by clickshogi | 2012-11-15 21:48 | ネット将棋日記 | Comments(0)
将棋倶楽部24で大金星
最近は将棋倶楽部24で3段と4段を行ったり来たりしていますが、先日、6段の人と対局して勝つことができました。

レーティングで400以上離れた相手です。今まで5段の人には勝ったことは何度かありましたが、6段の相手に勝つのは初めてです。何とも言えない喜びがあります。今年は幸先が良いかも。

相手は石田流美濃囲いできましたが、相振りの金無双で受けました。金無双は囲いが簡単なので、攻めに手数をかけられるため、じっくり攻撃の態勢を作って攻め勝つことができました。

ネット将棋の早指しなので、格上に勝つことは珍しくないのかも知れません。対局相手は酒を飲みながら適当に指している可能性もありますので。ただ、さすがにレーティングが400以上離れると地力の差が歴然とあります。大金星と言って良いでしょう。

ところで、以前「将棋倶楽部24でなぜ5段が目標か」という記事で、6段になるのは無理っぽいので5段を目標にすると書きました。

今回、幸運にも6段に人に勝てたことで、視界が開けました。目標は5段ではなく、6段(レーティング2500)にします。
[PR]
by clickshogi | 2012-01-21 02:47 | ネット将棋日記 | Comments(0)
将棋倶楽部24で勝手にライバル視
将棋倶楽部24で久しぶりに4段に復帰しました。
仕事も少し落ち着いてきたこともあって、ネット将棋にも熱が入ります。

今どうしても「越えたい」と思うハンドルがあります。
4段と5段を行ったり来たりしている人で、今は4段の上の方にいます。自分がまだ2~3段のときに対局して完敗だった人です。

現在は同じ4段にいるということで、対局が成立しやすくなったと思います。
レーティングで開きがあると滅多に対局が成立しないので、これからようやく対局を重ねることができそうです。

もしこのハンドルに勝てるようになったら、自分はあのときより格段に強くなったんだと感動できそうです。
まだ相手の方が一枚上手ですが、「手が届く」という感触をもっています。

将棋でも何でもそうですが、ライバルの存在は本当に励みになります。
ライバルがいる20年といない20年では、たどり着ける地点は天と地ほど違ってしまうのではないでしょうか。そういえば自分も、仕事上で目標とする人ができてから、ずいぶん進展があったなと思います。
[PR]
by clickshogi | 2011-07-05 21:06 | ネット将棋日記 | Comments(0)
「飽き」は防止できる
ここしばらくネット将棋を控えている状態です。

控えているというより、将棋熱がおさまっている状態でしょうか。
指したいという気持ちがやや低調です。

こういうときでも、プロ棋士の対局を観戦すると途端にやりたくなってしまうのが不思議です。
プロのようなレベルの高い世界に触れるとまた気持ちが新たになるようです。

これはあらゆることに言えるかも知れませんね。

どんな分野であっても、自分の手の届く範囲内にいるといつか飽きることになります。
自分のレベルで勝った負けたとやっていると、すぐに熱が冷めてしまいます。
しかし、もっと高いレベルに触れると、その対象について魅力を新たに感じます。

飽きたら高いレベルに触れる。
仕事で応用しようと思います。
[PR]
by clickshogi | 2010-08-06 18:37 | ネット将棋日記 | Comments(0)
将棋倶楽部24でなぜ5段が目標か
現在の目標は将棋倶楽部24で5段になることです。
4段を達成したから、次は5段ということなのですが、5段は大きな山場だと思っています。

・5段から「高段」のタブに分類される。
将棋倶楽部24で最上位のグループに入ることになります。ぜひ入りたい。

・夜間など回線が込み合っているときに観戦チャットが可能となる。
観戦者が多い夜間などの時間帯はサーバー負荷回避のためチャットができなくなります。
しかしレーティング2300以上は、そういったときでも観戦チャットができるようです。
大勢の観戦者の前でチャットができる人たちにちょっとした羨望を覚えますので、ぜひ5段になりたいものです。

・6段以上にはなれる気がしない。
もし5段を達成できたら、次は6段を目指すかというと、そう簡単ではないと感じます。
4段を達成してもすぐに3段に落とされたように、自分の棋力の限界を感じています。
将棋の勉強に避ける時間は限られていますし、歳をとるごとに棋力を伸ばすのは難しくなるからです。
ですから、5段は自分の人生におけるたぶん最高目標になると思っています。
(ただし、レーティングのインフレが起きるなど、母集団に大きな変化が起きれば話は別です)


以上のような理由で、5段を大目標にしています。
まずは4段に復帰。次に4段に安定していられるように。
そして、5段をうかがえる位置につけること。そして5段にチャレンジとなることでしょう。

時期的な目処は、今から3年以内です。
2年後あたりには仕事が少し落ち着きそうなので(願望です)、それから集中的に将棋の勉強をはじめるつもりです。
[PR]
by clickshogi | 2010-07-02 17:22 | ネット将棋日記 | Comments(0)
6月に将棋倶楽部24で4段を達成しました
2年前にこのブログをはじめたときの目標は、将棋倶楽部24で4段になることでした。

その後、2段と3段をいったりきたりしていたのですが、先月にレーティングで2100を突破!
目標の4段を達成しました。
ほどなく2100を割り込んで3段に落とされてしまいましたが、とりあえず目標達成と相成りました。

レーティングが急激にあがったときは、本当に実力を反映しているのか?という疑問がいつも湧いてきます。
大量に参加者が増えるなど、レーティングのインフレ現象があったのではないかと。

ただ、他の2段3段のハンドルがさほど上がっていなかったので、Rインフレということはなさそうです。実際、自分もすぐに3段に落とされてしまいましたし。

4段を達成したときにふとブログのことを思い出して、また書いてみたくなって再開することにしました。
[PR]
by clickshogi | 2010-07-01 08:00 | ネット将棋日記 | Comments(0)