ブログトップ
ネット将棋生活
ネット将棋とSOHO生活。将棋倶楽部24は卒業
無料の詰将棋スマホアプリが楽しい
詰将棋のスマホアプリの中で、特にお勧めの逸品を紹介します。

アンバランスの「みんなの詰将棋」。200問収録されていて、完全無料

1手詰から11手詰まで。うなるような良問がけっこうあります。

9手詰めで↑こういう問題とか。詰みそうなのに詰まない。手こずりました。

↓以下はダンロードページにある11手詰めの問題。
d0178590_22382697.jpg


アプリのダウンロードページへのリンク。以下、Androidのダウンロードページ。

以下、iPhoneの該当ページです。



7手詰以降は、どうしても解けない問題がいくつもありました。それこそ何時間考えても解ける気がしない問題もあった。

解ける気がしないときは、あっさり降参して答えをみてます。昔のように、解けるまで考え続ける気力がないので。

アプリの詰将棋はゲームとして面白い

アプリの詰将棋は、実際に駒を動かすことができてAIで後手側も動いてくれます

棋力をあげたいなら、駒は動かさないで、頭の中で最後まで詰ますのがベストです。というか、本来の詰将棋はそういうものです。

しかし、ゲームとして考えるなら、ガンガン駒を動かしていいと思います

「あー、これじゃ詰まないのか」とわかったところで「まった」をして局面を戻す。そうやって、あれこれやってみて、詰ますことができたら「正解!」の表示がバンと出る。達成感で脳汁が出る。

そんな風にゲームとして詰将棋を楽しむことができます。

1問解くのに、数秒から数分。最大でも5分考えてわからない場合は、最初の1手~3手あたりの答えを見る(9手詰めとか11手詰めの問題の時)。

これほど短時間でここまで楽しめるゲームは、詰将棋だけではないでしょうか。ちょっとした空き時間に楽しんでいます。

将棋倶楽部24の本将棋は卒業したので、これからは棋力向上は考えず、ゲームとして詰将棋を楽しみたいと考えています。

[PR]
by clickshogi | 2017-04-02 22:43 | 将棋ソフト | Comments(0)
<< 歳を取って頭が固くなってきた 谷川前会長の心労の中身 >>