ブログトップ
ネット将棋生活
ネット将棋とSOHO生活。将棋倶楽部24は卒業
プロ棋戦は一定の曜日で
第2回電王戦はすごい盛り上がっています。

その理由として、決まった曜日に対局が行われている点が大きいと思います。5番勝負が5週連続で土曜日に開催されています。

将棋ファンとしては、土曜日が近づいてくると、ワクワク感があります。

これが他のタイトル戦のように、まったく不規則だったらどうでしょうか。火曜に対局したと思ったら、次の対局は2週間後の金曜とか。

対局日を覚えてられないので、対局があることを「ふいに思い出してワクワクする」ことができません。

これは大きいですよ。
テレビ番組を例にするとわかりやすいです。

たとえば、NHK大河ドラマ。
毎週の日曜8時と決まっているから、視聴者は楽しみにできるわけです。

これがまったくの不規則な放映になって、あるときは土曜、あるときは火曜日、しかも、隔週だったりと、バラバラになったらどうでしょうか。

おそらく視聴率は3%くらいまで下がると思いますよ。
どんなに面白いドラマでも人気は出ません。

コンテンツを面白くすることも大切ですが、それ以上に顧客との接点に気を使った方がいいと思います。どんなに優れた商品を作っても、流通で失敗したらビジネスは成り立ちません。

運営上の理由はいろいろあるとは思いますが、タイトル戦の番勝負は、毎週連続で決まった曜日に開催するのが適切ではないでしょうか。

対局の注目度は、2倍3倍に上がると思います。
[PR]
by clickshogi | 2013-04-19 08:02 | 将棋コラム | Comments(0)
<< 第2回電王戦が終結 今後のコンピュータ将棋対局に一... >>