ブログトップ
ネット将棋生活
ネット将棋とSOHO生活。将棋倶楽部24は卒業
将棋の棋戦を時期別にまとめ
6月中旬の現在、名人戦の佳境ですが、棋聖戦がはじまり王位戦も挑戦者が決まりました。
羽生名人は上記タイトルのすべてに絡んで殺人的なスケジュールをこなしています。

将棋は主要タイトルだけでも7つ。その他の主要な棋戦が8つ。
将棋連盟のサイトに一覧のページがあります。

プロ将棋観戦のために、主要な棋戦について、番勝負の時期をまとめておきたいと思います。
大雑把ですが。

<王将戦>
1月~3月

<棋王戦>
2月~3月

<名人戦>
4月~6月 

<棋聖戦>
6月~7月

<王位戦>
7月~8月

<王座戦>
9月~10月

<竜王戦>
10月~12月


上記は番勝負の時期ですが、その前の「挑戦者の決定」が熱い時期だったりもします。
たとえば、名人戦の挑戦者が決まる3月は、A級一斉対局の日をテレビ中継しています。「将棋界のいちばん長い日」として知られていますね。

番勝負の1,2カ月前になると挑戦者が絞られてきますので、将棋ファンはその時期から注目しているはずです。

----

その他の棋戦では以下の2つを楽しみにしています。
対局開始から勝負がつくまで1時間ちょっとなので、観戦するのに手頃です。

<大和証券杯>
5月~8月
日曜夜のお楽しみ。ネット早指しで1時間程度で完結。

<NHK杯>
4月~翌3月
日曜午前のお楽しみ。テレビ早指しで1時間ちょっとで完結。
[PR]
by clickshogi | 2011-06-15 06:58 | 将棋お役立ち情報 | Comments(0)
<< 名人戦第7局は明日から 名人戦が盛り上がって参りました >>