ブログトップ
ネット将棋生活
ネット将棋とSOHO生活。将棋倶楽部24は卒業
将棋ソフトのponanzaが将棋倶楽部24で最高レーティング
ネット将棋の界隈で、ここ数日間にわたって話題を独占しているのがponanza(ポナンザ)ですね。
将棋倶楽部24の最高レーティングをソフトのponanzaが達成しました。

知らない人のために簡単に流れをまとめてみます。

・ponanzaは、東大の山本一成氏が開発した将棋ソフト。山本さんは「将棋世界」で「コンピュータは七冠の夢を見るか?」の執筆もしていた方です。

・今月の5月3~5日に第21回コンピュータ将棋選手権がありましたが、pozanzaは5位という好成績をおさめました。

・その後、5月10日から、将棋倶楽部24の公認のもとで、ソフト対局が開始。

・勝率9割以上の圧倒的な強さで勝ち星を重ねて、5月14日にとうとう将棋倶楽部24の最高レーティング(3211点)を達成しました。

将棋倶楽部24での対局はかなり注目されていて、午前0時をまわった深夜でも700人以上の観戦者が出ていたほどです。
最高レーティングを達成した後には、「将棋は終わった」「人類は負けた」などという悲鳴のような書き込みが2chであったりして、かなり話題になりました。


ちなみに、24レーティングの3200点というのはどのくらいの強さかというと、4年ほど前になりますが、プロ棋士の片上大輔さんがブログで「24レーティングの2800点といったら僕より上だ」と書いていました。(→daichan's opinion

つまり、24レーティングの2800点以上というのはプロ棋士レベルの世界なんですね。
そして3200点といえばプロ棋士のトップレベルといって間違いないと思います。


ただ、考えてみると、今回ponanzaが最高レーティングをとったことが意外なことか?と聞かれれば、「いや、順当でしょう」という答えしかありえないと思います。

2006年にボナンザが渡辺竜王と対戦して、竜王が勝ったものの実力は伯仲しているとされました。すでに5年前の時点で、コンピュータ将棋はトップ棋士レベルだったわけですね。その後の5年間でソフトは格段に強くなっていますので、ソフト最強クラスのponanzaがネット将棋のトップに君臨しても驚きはありません。

ちなみに、今年のコンピュータ将棋選手権で、ponanzaより強いソフトが4つあることについても注目に値します。(1位ボンクラーズ、2位Bonanza(ボナンザ)、3位習甦、4位激指)


ただ、将棋ソフトは強いのは当然だとしても、今回のように明確な結果が出ると衝撃はあります。
コンピュータ将棋はそろそろプロ棋士を超えたであろうということは、おそらくみんなが知っていることですが、対局がありませんので「たぶん」という仮定にとどまっていました。

今回、将棋倶楽部24でトップになったことで、個々のプロ棋士に勝ったという証拠ではありませんが、水準としてはプロ棋士より強いということが証明されたといえます。だって、24レーティングの3000点以上(プロ棋士のトップレベル)で勝率が9割以上なんですよ。


ちょっと感じたことですが、ここ数日のネット将棋界の騒ぎをみると、仮に羽生名人や渡辺竜王がソフトに敗れたりしたら、日本中が大騒ぎになりそうです。誰もが薄々気づいていることでも、結果として示されると衝撃は大きいということがわかりました。将棋好きの子供たちは、プロ棋士ではなくてプログラマーを目指すようになるかも知れません。

ただし、将棋界の衰退だけは避けてほしいです。プロ将棋界とコンピュータ将棋界の両方に発展してほしいですね。米長会長の辣腕に期待します(笑。


漫画の売れ筋ランキング!(最新版)

将棋本の売れ筋ランキング!(最新版)


[PR]
by clickshogi | 2011-05-16 02:12 | 将棋ソフト | Comments(2)
Commented by えいとぼーる at 2011-05-17 21:27 x
私も少しだけ観戦しましたが、強かったですね。ただ、数年前と比べて、レーティングもインフレ化しているという噂もありますし、3200程度ではトッププロには勝てないでしょう。でもたぶんプロの真ん中くらいにはいい勝負しそうですね。強い!5年もしたらトップクラスに肩を並べることができるんでしょうかね。
Commented by clickshogi at 2011-05-29 14:53
トッププロのレーティングはどの程度か。まさにミステリーですね。将棋倶楽部24でプロ棋士たちが指しているのは間違いないようですが、レーティングのトップ水準はトッププロに近いとも言えるかどうか。プロの中でトッププロたちは参加してない可能性もあり、仮に参加していても遊び感覚で酒でも飲みながら適当に指しているかも知れません。ということで、3200程度がトッププロの水準だと断定はできないですね。ただし、ponanzaの実力も3200止まりと言うわけではないのでしょうし、ミステリーはしばらく続きそうです。
<< 王位戦が熱い 追い詰められた羽生名人から何が... >>