ブログトップ
ネット将棋生活
ネット将棋とSOHO生活。将棋倶楽部24は卒業
将棋倶楽部24で4段になるためにやったこと
数年間2段と3段を行ったり来たりしていましたが、先月4段になれたことは以前書きました。

4段になるためにやったことはずばり、「詰将棋」です。
3手詰めと5手詰めをコツコツやりました。
例のハンドブックシリーズです。

詰将棋をやると本当に強くなれるような気がします。
単に終盤に強くなるというだけでなくて、駒の利き、切り方など、手筋がわかってきます。

終盤だけでなく、将棋センスそのものが上がると思います。
まさに詰将棋は棋力向上の王道だと思います。

あと、詰将棋というと11手詰めなどの長手数がありますが、4段になるレベルであれば5手詰めで十分だと思います。というのも、ネット将棋は持ち時間が短い将棋ですから、じっくり考えて答えを出すよりも、瞬間的にわかることの方が価値が高いからです。5手詰め以下を大量にやって、よりたくさんのパターンを瞬間的に解答できるようにしておいた方が良いと思います。

自分が2,3段から4段に上がるためにやったのは、5手詰と3手詰。
それだけです。(ただし、名人戦などのプロ将棋のテレビ観戦などはしました)
[PR]
by clickshogi | 2010-07-04 00:40 | ネット将棋に強くなるには | Comments(0)
<< なぜ将棋をやるのか 将棋倶楽部24でなぜ5段が目標か >>